通信文化新報研修サービスのご案内
通信文化新報電子版

通信文化新報

2022年5月16日第7144号

今週の主な記事

【2面】
東日本大震災で全壊
復興拠点地に新築移転
陸前高田郵便局(岩手県)
17メートルの津波に襲われる

行政事務を包括受託 茨城県石岡市 高浜郵便局

事業計画でヒアリング 民営化委 人材育成・採用状況も

ネット申し込みを開始 [ゆうちょ銀行]口座貸越サービス

大和証券と「ゆうちょファンドラップ」

有価証券の含み損を公表 [ゆうちょ銀行]国債の評価額が低下

【3面】

地区を越えて交流、経験を共有 近畿地方会大阪府下中堅・若手フォーラム

持続可能なまちづくりを 第1回 浜通り連携協定サミット
東北支社も参加 先進技術を活用

まちづくりへ連携 大阪市西部連絡会 新区長を表敬訪問

「信頼・挑戦・連携」を 中国支社合同入社式

[連載]『「人が育つ現場」考』第69回 「お金の自由」を手に入れても、仕事を続けますか?
株式会社FeelWorks代表取締役
青山学院大学兼任講師●前川孝雄

【4面】

包括連携協定を締結 [広島県三原市]市民サービスを向上
[徳島県阿波市]子育て環境の充実に貢献

令和4年 春の叙勲

金融緩和が不況・格差・貿易赤字を助長 中小企業対策と賃上げが不可欠
早稲田大学名誉教授●田村正勝

【5面】

特殊詐欺の防止を 「防犯合同施策」実施(横浜市保土ケ谷区)

認知症サポーターを配置 北信地域の郵便局107局に

地域の要として期待 川崎駅西口郵便局(神奈川県)再開

福祉法人へ運動機器 年賀寄付金配分(島根県石見東部連絡会)

夏用はがきを発行 「あさがお」が題材

ゆうちょ銀行が協調融資で 名古屋市の陸上競技場整備

ゆうちょ財団 はがきコンクール入賞決定

立山山頂簡易郵便局(富山県)を開設

駒林簡易郵便局(新潟県)が再開
【6面】

フレーム切手 ●塩原温泉郷
湯けむりに1200年の歴史(栃木県東部連絡会)
●ノジマステラ神奈川相模原
10年の軌跡(神奈川県西北部連絡会)

2022 切手紹介 ●沖縄復帰50周年
紅型をイメージ

イギリス郵便の歴史(126) ブリッジマン委員会の改革、官庁組織内に止まる
1931年

読者の広場 「JP共助連携ネットワーク」の提言を読んで
●不安解消策が成否のカギ
●創意工夫で郵便は増える

橋がつなぐ 蔵前橋(隅田川)(くらまえばし )
福田聖輝

【7面】

フレーム切手 ●白糠町町制施行70周年記念
フォトコンテストの入賞作品(北海道釧路連絡会)
●帝釈峡遺跡群発見60周年記念
帝釈峡の魅力を発信(広島県備北連絡会)
●武蔵武士の鑑 畠山重忠公
観光客誘致に期待(埼玉県西北部連絡会)
●ちむどんどんするまち 横浜鶴見
「朝ドラ」の舞台(横浜市東部連絡会)
●牧野富太郎 生誕160年記念
高知県佐川町出身の植物学者(四国支社)
●蕗谷虹児記念館開館35周年
抒情画「花嫁」の世界(新潟県下越北部連絡会)

【8面】

地域安全運動にぽすくま 特殊詐欺防止に貢献(大阪府豊能連絡会)

特殊詐欺防止で感謝状

カーネーションを全国へ 花のまち柴田から(宮城県南部連絡会)

日本全国 “丸型ポスト”巡り(158) 温泉のある
わたらせ渓谷鐵道水沼駅(群馬県桐生市)
鎌田良隆(元知多郵便局長)

庄司巧の郵便たまて箱 吉野山 桜ポスト
吉野山郵便局 風景印(奈良県吉野町)

曽我 浩の知らないと損する年金の話 「年金生活者支援給付金制度」
手続しないと受け取れません!

まちの郵便屋さん(220) よしき つとむ

コラム「春秋一話」

『全ての子どもの健やかな成長を』  “子は宝”“子に過ぎたる宝なし”“子にまさる宝なし”“千の倉より子は宝”。親の情愛... 続きを読む
通信文化新報からのお知らせ
  • 2020年9月21日研修サービスのご案内ページを新設しました。
  • 2014年5月26日ホームページをリニューアルしました!
  • 2014年5月26日通信文化新報電子版好評頂いております。
ページTOPへ