通信文化新報電子版

通信文化新報

2024年06月10日 第7252・7253合併号

今週の主な記事

【1面】
中村氏が社長に JPインベストメント

【2面】

奥野総一郎衆議院議員 郵便局の公共サービスを強化  (1面のつづき)
郵政関連法の改正、共同提案に
協力の準備はできている

創業の志を原点に、新たな時代を切り拓く 全特名古屋総会 犬童周作氏を組織内候補に

インパクト投資に30億円 金融教育、人材育成
かんぽ生命 立命館と連携

スロバキア郵便を支援 総務省 輸送ネットを最適化へ

人命が第一 強盗模擬訓練 ジアウトレット湘南平塚内郵便局(神奈川県)


【3面】

一時閉鎖対策が課題 東北地方簡易郵便局連合会総会

子どもの被害を防止へ ゆうちょ銀行 日本郵便 小学校で金融教育

JPフラワープロジェクト 北海道支社 花と緑で彩る

連載『「人が育つ現場」考』第105回 若手育成の鍵は、本人が成長を実感できるかどうか
株式会社 FeelWorks 代表取締役
青山学院大学兼任講師 前川孝雄


【4面】

抑制すべき「基金事業の膨張」  「費用対効果」に曖昧さ
早稲田大学名誉教授 田村正勝

「モルック」で地域交流 横浜市南部連絡会
金沢東部会・金沢南部会

母の日絵手紙展 篠路郵便局(北海道)

2024切手紹介 変化朝顔でごあいさつ「夏のグリーティング」

フレーム切手 ●鹿児島をもっとひとつに
 鹿児島ユナイテッドFC10周年
 鹿児島県中部連絡会

●旭区フォトコンテスト受賞作品
 横浜国際園芸博覧会
 神奈川県横浜市西部連絡会

●源氏物語の世界へ誘う
 京都 葵祭 令和六年版
 京都市北部連絡会




【5面】

東大阪市民ふれあい祭り ポストカーで手紙振興施策
大阪府河内中部連絡会

季寄せ 歳時記〈第16回〉 季語散策 ヒキガエル(蟇)
星野 興爾(昴子)
 

橋がつなぐ 桃介橋(長野県) 福田聖輝
 

フレーム切手 ●「ひとが咲くまち」未来をともに
 ひたちなか市誕生30周年
 茨城県中部連絡会

●日本大会開催と八幡浜市をPR
 マーマレードフェスティバル in Japan
  愛媛県南予連絡会

●金丸座の杮落とし
 四国こんぴら歌舞伎大芝居、
 金毘羅の街風景
 香川県西部連絡会


【6面】

全日本ロードレース第3戦 若松怜選手が2位
日本郵便 docomo business TP

全仏オープン 車いすテニス かんぽ生命大谷桃子選手が出場

郵政博物館を舞台に 体験型ゲームイベント

大正新切手図案懸賞募集作品集 ―田澤切手の誕生― 星名定雄さんが編集

日本全国“丸型ポスト巡り”(245) 大久野島への玄関
忠海港(広島県竹原市) 
鎌田 良隆(元知多郵便局長)
 

庄司巧の郵便たまて箱 №227 大森貝塚 大森貝塚遺跡庭園(東京都品川区)
大森郵便局(東京都大田区)

曽我浩の知らないと損する年金の話プラスワン  「パートタイマーの3つの年収の壁」とはどういう意味ですか
(曽我社会保険労務士事務所) 

コラム「春秋一話」

『オーバーツーリズムと経済効果』  日本は世界的にみても有数の観光立国だそうだ。フランス、ドイツ、オーストラリ... 続きを読む
通信文化新報からのお知らせ
  • 2023年4月28日研修サービスのご案内ページは閉鎖しました
  • 2014年5月26日ホームページをリニューアルしました!
  • 2014年5月26日通信文化新報電子版好評頂いております。
ページTOPへ